FrontPage

 個人的にメールや掲示板などでさらっと流しているものを固定するためのログです。ご意見・ご批判は歓迎しております。コメント欄、トラックバック掲示板などでお願いします。雑誌などへ掲載してくださるという方がおられましたら、ぜひご連絡ください。

書くかどうかは知りませんがTwitterを始めてみました。メールはky アットマーク crossacross.orgまでお送りください。


論説目次

無印は完成稿(状況の変化・間違いの訂正以外に改訂予定なし)です。*印付きは執筆中、改稿予定ありです。t印はtinyurlを使ったリンクです。

高齢化の真の破壊力

日本型雇用を誰が殺したのか (上) t (中) t (下)* t

日本の労働環境悪化の原因を「日本型雇用慣行の崩壊」に求める人は多い。しかし、その原因を突き詰めると、実は「日本型雇用慣行」自体がある条件を満たすと労働環境を著しく悪化させる特性を持っていることが分かる。本稿では、「日本型雇用慣行」がいかに自壊し、労働環境を悪化させ格差を拡大させる装置へと変貌したかを明らかにし、合わせてその対応策をいくつか例示する。

未稿のその他の原稿

高齢化に付随する諸問題のメモ

論点の確認

医療システムの現実と分類:あなたはどれが好みですか? (1) (2)

「内需」の条件

労働集約産業の飽和は自動的に格差を拡大する* t

 建設業も製造業も無駄?まあある程度事実だとは思うけど、それはあなた方が無駄だと言っているのと大して変わらない、という可能性は考えていただきたい。

内需による産業活性化を本当に達成するには* t

「内需」とは何か。それは「日本人が買うこと」ではない。経済の本質は「価値の生産」であって、労働者としての日本人が消費者としての日本人の欲しがっている財やサービスを生産して日本で自給自足することに他ならない。生産の過程で外国からの輸入品が必要なら、円安になるが手持ちの外貨を取り崩して買うか、輸出で外貨を稼がなければならない。あるいは、資源を自給できるように体制を変え、その資源生産という産業を作ることになる。

なぜ減反を続けているのか t / 日本の農業に未来はあるか*

コメ農家が苦しく減反政策が続いているのは、需要減によるコメ余りだという理由のほうが注目されがちだが、むしろ日本の人口密度が高いうえに工業化やサービス業化を達成して土地価格が農地としての収益性ではなく工業用地や住宅用地としての収益性で決まるようになったため、農家の再編成が難しくなり囚人のジレンマのようなデッドロック状態に陥っていることが原因である。これを解消するためには土地所有・利用について財産権の不可侵を破りかねない厳しい規制が必要で、そのために減反の解消が難しい。

利上げと円高で内需拡大?

円高で物価安になれば内需が拡大するって?利上げで円高になっても一時的現象に過ぎず恒久的効果はない。円高になっても物価は5%も下がらないし、そもそも円高になっても金持ちが潤うだけで庶民は苦しくなるだけ。

資源の価値とは何か t

「資源とは 技術なければ ただの石」である。資源高とは、同じ資源を使う技術を持つ人がグローバル化で世界的に増えたために、その技術を売る人の価値が下がり、相対的にその資源の価値が上がった現象である。使う技術が移り変わればその資源の価値は下がるだけであり、日本は必死で資源を自給するか、安い資源を使える技術を開発しようと模索しているわけである。

水資源を適切に把握する t

水資源は一般的に降水量などから得られる量によって計測されることが多いが、集めるコストが非常に高いため、濃度を調整することが出来ない。このため、単に量だけで表現された数字だけでは、濃度に由来する有用性の違いを評価できない。また水は生産・輸送コストが高いので、水ビジネスの基本は水利権と節水・再利用技術に関するものであり、輸送が成立するのは飲料水のみであると考えてよい。仮想水概念は国際貿易における水資源利用の比較優位の記述なので、搾取云々といったことはあまり考えなくてよい。環境問題に関して統制が必要なら、相手国への援助だけでなく水ストレス関税といった「鞭」にあたる道具も併用すべきである。

その他

統計の読み方、FAQ等

失業率の読み方 t - 日本は米国債を買わされている? t - 再分配のための基礎的指標 - 日本の法人税は高いのか低いのか? t*

小ネタ

  • 間違ったインセンティブに基づく競争は間違った方向へ社会を導く
  • 頭を殴られるか腹を殴られるか選んでください
  • 最近の好景気の利益は配当に吸われた?
  • 法人税率下げ、最高所得税率下げは金持ち優遇の陰謀だ?

失われた10年の経路図* - 失われた10年への対策*

日本の没落は、国際的な工業の価値の没落と日本の脱工業化、高齢化への対応の遅れ(日本型雇用を誰が殺したのか)、バブル崩壊の3つの重ね合わせという、一つ一つが大不況をもたらすインパクトを持つマイナス要素がいっぺんに来たためである。

現金負担を増やさず福祉を増大するには*

Last modified:2011/03/24 21:10:32
Keyword(s):
References:[SideMenu]